FC2ブログ
長小シスターズ ノッポちゃん
滋賀県長浜市立長浜小学校 乙女のソフトボールチーム。熱い子供達と一緒に頑張ってます。
プロフィール

青い弾丸姉妹倶楽部  ノッポ

Author:青い弾丸姉妹倶楽部 ノッポ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

人として

昨日もちょことナイター練習しました。

ちょっと肌寒いです。

ナイター練習やってたら、うるさい車がグランド横を走って行きました。

子供たちに
「あんなのとだけは、付き合うなよ!」
っていったら、全員が
「はい!」
って言ってました。

先日も、子供たちに
「大人になっていく中で、あいさつできない子と、ご飯をきれいに
食べれない子(茶碗にご飯粒残しまくる子)とは友達にならなくてもいいよ。
もし判断に迷った時は、その2つが出来ていなかったら、浅い付き合い
程度にしろよ。」

って話しました。

人間は第一印象ではないけれど、第一印象も大事。

まず一番最初の出会いは「あいさつ」で始まります。
最初はよそよそしいので、あいさつ出来ないかもしれない。

それが2回、3回となった時に、出来ない人は論外。

会社でも、あいさつできない人は、どれだけ仕事が出来ても、
先はしれてる。
まあ仕事の出来る人に、あいさつできない奴はいない。

そして友達関係が少し進むと、食事に行く。
食事に行って、御馳走様した時の茶碗を見て、悲惨な状態なら
距離をおいても良い。

食事の大切さを教えられてない子に、親がまともなことを
教えているとは思えない。

ついでに言えば、食トレと言って、学生スポーツなどで無理やり
食べさせて体を大きくさせるところもある。

あかん!

ご飯はありがたく、おいしく、感謝して頂くもんだ!



スポンサーサイト
新チーム
まだまだやが、1週間でこれだけ強くなれるんだ。

やはり姿勢ですね😁
考えろ!その全てが正解だ!

問いかけ。

ビッグレイク(滋賀県6年生軍団)の選手たち。

ここ1年シスターズで最も大事にしている部分
【考えて、自分の意見を相手に伝える】

「このプレーについてどう思う?」
「どうすればもっと早く対応できる?」

オイラはノックするだけ。
オイラは集中力が切れてないか見てるだけ。

先日の予選の前の練習でも、考える練習を繰り返した。

そんな中で、ナナセとミッキーが遅い打球に対し、
なんちゃってランニングスローをするなど、試合直前にも
チャレンジをしていた。

予選終了後に、草津や土山の6年生にも簡単な質問をした。
答えるのはシスターズばかり。

オイラは子供たちの質問に対し
「全て間違ってないよ。勇気を出して言ってみて」
それでも出てこない。

現にシスターズの選手たちに質問した場合
「はい!今の答えは全てが正解!すばらしい!」
と話をする。

1つの打球に対して、正解などない。
どれだけ上手にとっても、セーフになれば不正解。
それはプレーする選手が瞬時に選択したプレーの選択ミス。

ゆるいゴロを正面に入りボールを取る。
どれだけ上手に取ってもセーフになれば、それはプレーの選択ミス。

試合でも色んな打球がある。
その1つの打球に対し、プレーする選手が色んな選択肢の中からベストを
チョイスできる。

正面でとることしか出来ない選手は、選択肢が1つになる。
オイラは、いくつもの選択肢がある選手をどんどん育てたい。

凡人な大人たちが、可能性の多い天才子供軍団に、理屈ばかり教えると
それはただの凡人になってしまう。

時間はかかるが、とことん考えて遊んでもらう。

ちなみに基本は、ボールをまたいで正面でとる!が基本。
あとはすべて応用。
全てが正解だと思う。

草津戦

さて決勝。

1試合目を見ていたら、5点勝負。

取れない投手じゃない。
しかし、今のうちじゃおさえられない。

5点は取れる!
でも5点で抑えられない。
祈るしかない。

初回3点先行される。
外野に飛べば、全てホームランになる。
彼女たちも頑張ってるが、今は仕方ない。
それを責めるつもりもない。

裏の攻撃で、2点取り返す。

土山の球速では「あたらないかな~」と思ってた子達が、
「あたるかな~」になった。

しかし、2回に弱虫が前面に出てしまった。

ちょっと開いたので、追いつくのは厳しい。

4点しか取れなかったので、攻撃面は80点。

ビッグイニングを弱虫炸裂で与えてしまったので、守備面では20点。

そんな中でも最後までエースは泣かなかったので、100点である。

4月に1名。
5月に1名。
8月に1名増えて、何とか試合に出られた。

200点満点である。

毎年のように、この状況から、追いかける半年が始まる。

ホンマにシスターズ選手、あと1年入部が早ければ!の集団である。

県予選

ホンマ久々の投稿です。

この投稿もFB並みに投稿が楽なら良いけど、そこまで便利じゃない。

使いこなせてないのかもしれない。

さて先日、春の予選がありました。

正直、試合にならないと。

チビ達も頑張ってましたので、そこそこに形にはしてあげないと!と
思い、挑みました。

草津の毎年あの人数の多さは今さら言うまでもなく。
土山は、昨年のメンバーが引き続きです。

投手の土山。
総合力の草津。
祈るしかない長小。

そんな感じでしょうか。

1試合目の土山vs草津は、初回に土山投手が大崩。
初回で決まりました。
嫌だったのは、後半持ち直してきたこと。
内心「おいおい」でした。

2試合目
土山vs長小
初回、やっちゃた!で2点先制された。
「これ以上はきついで」
で、踏ん張ってくれた。

即1点返して、その後ようやく1点追加して、追いついた。
「これで負けない!」
追いついたが、立ってるだけの下位打線でタイブレークには行けない。
下位打線には悪いが、とにかく打て打て。
残り数分で、最終回に突入。
最終回も、1番打者ミッキーで終わらせた。
万一ミッキーがランナーに出た場合、どうやってアウトにするか悩んでたが
普通にアウトになってくれた。

タイブレーク突入。
しっかりと1点取られ、裏の攻撃。
夏の予選も、タイブレークで草津に負けてる。
同じ後悔はしたくない。

とにかく1点を取るしかない。
走者も、2塁にミッキーを置いてスタートだから、こちらに流れはある。
3盗後に、暴投で1点入ってしまう。。。
贅沢をいえば、ランナーを残した状態で1点ほしかった。。。

今日2番においたマイマイ。。。
オイラの不安を一振りで取り除いてくれた。
ドッカーン!

サヨナラ。。。

計算のしようもない9人。
一生懸命やってるから、ソフトの神様が舞い降りた(*^_^*)

草津戦に続く。


自然災害

偶然ではあるが、

三重大会 ⇒ 大雨洪水

宮崎大会 ⇒ 噴火

熊本大会 ⇒ 地震

7月にある人たちに話をしていた。

「ソフト女子全国大会の開催地で、直前直後に天災が・・・」

今回は北海道で地震。。。

偶然であるにしても・・・。

みなさんの無事を祈ります。。。

さあ
アメフト→ボクシング→体操

次は何でしょうか。
頑張れジャパン!


アジアカップ白熱してますね。

バトミントン・水泳。

ソフトボールは、あっという間に終わってました。

また、バトミントンや水泳にたくさん子供が流れそうですね。

東京オリンピックもすぐそこです。

先日の世界大会などを見ててもなんかね~。

「上野 上野 上野」

北京から時計が止まってますね。

上野が悪いんじゃない。

みんなで東京に向けて、ヒーローを勝手に作って行こう!
応援していこう!

マスコミに負けないぞ!


オイラの一推し。ピッチャー出身だから、ピッチャー応援してまう。


オイラの周りは、長崎推し多数。

15354248060.jpeg

子供を鍛える

暑いのか、寒いのか。。。

寝ているときは、難しい季節です。
朝方寒い。

さて以前にも何度か書いたのだが、再び。。。

先日の日曜日、同じグランドで野球の試合をしていた。
その際に、シスターズの親さんが、野球のコーチに言われたこと。

「全ての準備を子供たちがするんですね」

シスターズでは当たり前。

それに、結構付き合いのあるチームは、ほとんど子供たちでやってる。
自分たちの遊び場だ。
あたりまえだと思う。

以前ある交流会に行き、朝方まで雨でグランドに水が残った。

朝一にグランドに到着し、水取りを開始。
その後、次々とチームが到着。

子供たちが増えたので、水取りを他チームの子と交代させ、
シスターズを3つにわけて、コートつくりを開始。

チームによっては大人が水取りをやって、子供は練習を開始する。

シスターズでは、絶対にしない。

とことんまで子供たちにやらせる。

当然だ。それも大事な練習だ。

動きの速さを知ってる某チーム。

シスターズがグランド入りしていて、自分たちは2試合目。

「長小がいるから、グランドは任せとけばいい。そのまま朝ごはんを食べよう。
 あまりたくさんいても邪魔になるだけだ」

まさにその通り。オイラも同じ状況でそのチームが先に行っていたら、行かない。
MAXも雨の日の戦闘力は高い。

子供の動けないチームはどれだけ強くても、あまり交流は持たない。
得るものが少ない。

マシーンの準備から、マシーンの調整、ボール入れからすべて、子供たちでやる。

しっかり鍛えているから、大人よりも本当にしっかりしている。

「子供にはあぶない」
「子供は遅い」
「子供は・・・子供は・・・子供は・・・」

その辺の大人よりしっかりしてるし、責任感がある。

最近の子供は・・・今の若い子は・・・その最近の子にしたのは、全て大人である。

残暑お見舞い申し上げます

久々だ。

お盆は仕事してた。

夏休みも後半に入り、宿題をやらない子供とそれをやらせようとする
大人の勝負の時かな?

シスターズは、8月上旬には宿題関係は全て終了する。

夏休みに入る前に親さんから
「のっぽさん、今年もお願いします」
と、この時だけは親さんもオイラに一言言ってくれと懇願。

以前は、7月中に宿題を終わらせないと、試合など一切出られなかった。
全国大会に出ようが出ようまいが、何も変わらない。

最近8月まで猶予を与えたのは、自由研究や日記などがあるから。
あと1週間あまりだが、シスターズの子供たちは余裕である。

さてそんなシスターズだが、5月の予選終了後からもがき苦しんでいる。
「もがき」でもないが、目標が無くなった喪失感。

全てはあの1点である。
そんなチームもたくさんあると思うが、シスターズは重症。

時間をかけて一気に伸ばすチャンスを待っていた。
少し兆しが。。。

ちょっと余裕が出てきた。
相変わらず御調子者軍団であるのは間違いないが(-.-)

緩めて締めて、緩めて締めての繰り返し。

締めないとどこまでも行ってしまう危険な奴らであることは間違いない。。。
15318944310.jpeg


検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR