FC2ブログ
長小シスターズ ノッポちゃん
滋賀県長浜市立長浜小学校 乙女のソフトボールチーム。熱い子供達と一緒に頑張ってます。
プロフィール

青い弾丸姉妹倶楽部  ノッポ

Author:青い弾丸姉妹倶楽部 ノッポ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

三島クリスマス交流会

週末は、毎年恒例の「三島クリスマス交流会」へ。

はじまりは、MAXさんと2チームでしたが、今年は5チーム。
対戦表が送られてきて、初戦がMAXさんとの対戦。

おまけに、シスターズは2試合目からで、MAXさんは1試合目終えてから。

「ん~どんな感じで行こうかな?」
と、試合と子供達を見ながら考えてた。

年末だし、今年最後だし、ここが終われば当分試合ないし。。。

どうしようかな。。。

初回いきなり先頭バッターをショートのエラーで出す。
思い出す、全国予選。
その時も、ショートの暴投で試合がはじまり、いきなりの2失点。
しかも投手は左腕。

まさに草津戦と同じ感じ。
先月山梨で、6年生選抜で対戦した時は、相当苦しんだ左腕。

「よし!」スイッチON。
1失点で乗り越えた。
「絶対に負けないよ。あわてない、あわてない。でも乗り遅れるなよ。」

そんな時にビッグプレイが出るもんだ。
ライトの三年生がファーストでアウト。
キャッチャーが盗塁をしっかりとアウト。

当然勉強(弱点も露呈させる)をしながらの試合進行となる。
ボールの出し入れ。アウトコースのみで、出し入れの練習。
バスター選手への対応の仕方。
とことん、ホームでのアウトにこだわる。

「まだまだだくさん弱点あるよ」を感じながら、試合をすすめる。
でも絶対に負けない!を徹底。「覚悟」をもって進めよう。

フルスイングも、90分近く続けるから、相手に少しづつ効いてくる。
走塁も90分続けるから、少しづつ効いてくる。

そんなもんだ。

よく試合後のコメントで
「修正」
という言葉を目にするが、飛躍と進化しか求めない。

試合後と、翌日の朝からの練習前には
「やるべき事」を数人づつ呼んで確認した。

よい自信になったと思う。

メリークリスマスでした(^.^)


スポンサーサイト



サンタクロース

皆さんのところには、サンタさんは来ましたか?

井上家にはサンタさんが来てくれました。
しかし朝起きて、雄太の様子がおかしい・・・。
枕元には、サンタさんが置いていってくれたプレゼントがあるのに・・・。

「どうした?今日は雄太が楽しみにしてたサンタさんの日やろ?」
「・・・・・・・」
「どないした?}
「雄太君の・・・サンタさん来ない」

昨夜、愛子に怒られて
「サンタさんに来なくていい!と電話しておく!」
と言われたのを気にして、来ないと思ってたらしい。

仕方ない。
「雄太」
と声を掛け、顔を枕元のプレゼント方向に向けてやる。

「わーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー」
あれを飛び起きると言うんだと思う。

どこで覚えたかしらんが
「バンザーイ!バンザーイ!バンザーイ!」
と万歳三唱(^_^)

興奮した雄太は、オモチャをもって何度も上に投げて喜びを表現。
しかも、寝てるオイラの頭の上で・・・(>_<)
まさかの、オモチャをキャッチミスで落下・・・(>_<)

今年もサンタさんが来てくれて、よかった。

ちなみに、浩志にはピタゴラスイッチのDVDが送られた。

言うまでもなく、ずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと
永遠に続くピタゴラ鑑賞会が始まった(-_-)

雄太は、今朝起きると
「今日はサンタさんないね」
と言ってた。


あ~でもない、こ~でもない
もうすぐ三島に向けて出発です。

ふと目が覚めると、自分の反省会をします。

「あの試合前の雰囲気のもって行き方はアカン!」
とか、
「あそこでもう1球前に走らせなかったから、リズムができなかった」
とか。

今日も、先日のビッキーズ戦で、シスターズ投手のカウントが0ー3になった場面があった。
ランナーは三塁。
その場面で、タイムをとった。
結果は0点で切り抜けた。
しかし「もう1球前にタイムをかけるべきやったかな?」
で今も「あ~でもない、こ~でもない。」

明らかに、その場面は初球からおかしかった。
その異変はキャッチした。
2球続いた時点で行動を起こすべきか・・・。

結果的に0点でおさえたが、次の回に得点出来てない。
流れを持ってこれなかった。

あの子達をのせて楽をさせるアシストを、いかに最大限にできるか。

永遠の課題。

今は、新チームがどんな言葉で乗ってくるか模索中。
毎年毎年難しい。
覚悟
できるだけ間隔を開けずに投稿しようと思うが、なかなか・・・。
しかし数年前のを読むと懐かしい。

もし子供達が「自分の時は・・・」と思った時に、少しでも思い出に
残しておきたい。

今週末は、静岡県三島です。
昨日初めて三島に行った時の、MAX監督のブログを読んだ。

なつかしい。思い出す。
ミユリちゃんは元気なのだろうか???

そんな三島遠征なのだが、今週に入ってあえて練習をしていない。
子供達を話した「覚悟」の確認をしようと思う。
やってるやろか。まあ半分やな。
半分もやてりゃ~ええわな。
しかし、この半分が、半年後に確実に差が付く。

その時、何人かは苦しむだろう。
悔しがるだろう。
置いていかれるだろう。

そして場合によっては、置いていかれる事を親子で
逆恨みするかもしれない。
残念ながら、それの繰り返し。

数年前に夏の全国大会で、6年生を使わずに4年生を使った。
試合には勝ったが、その夕方応援に来ていたママさんが悔し涙を出した。

年明け前から全員に言い続けていた「今やらんと、半年後につらくなるよ」
練習では、あるパパさんが
「誘いに行ってきましょうか?」
とまで言ってきた。
「練習は、強制ではないので、個人に任せましょう。」

4年生はフル参加。皆勤賞。
オイラの中で迷う余地なし。

試合は6年生の思い出つくりじゃない。
6年生の為にやってるんじゃない。
思い出つくりなら、それ以外になんぼでも出来る。

そんなママさんの話がオイラの耳に入ってきたのは、全国大会が終了して
少し経った練習の時。

その時その場で聞いていたら、一言だけ
「あなたが指導者だったら、頑張ってきた4年生とどちらを使いますか?」

頑張ってる子は見捨てない。
そして6年生も見捨てたわけじゃない。
悔しかったら、頑張ればいい。

そんな6年生も、今は高校生。
毎朝通勤の時、笑顔であいさつしてくれる。
そしてたまに、グランドを笑顔で横切って行く。

これからも、その辺は全く躊躇しない。
ぶん回し!
年末ですね。

なんか世の中何故かそわそわしてます。

先月掛川で群馬のキャッツ31さんと1年ぶりに会って、
「どっかで試合しましょ」
となり、早速連絡をとった。

「2月3連休どう?」
「いいね~」
「どこでやる?」
「群馬や滋賀は遠いしな~」
「ちょっと真ん中よりでどうよ」
「山梨でやるか」

山梨の北さんに連絡して
「場所をお願いします」
「OK」

場所と日にちが決まればあっという間。

山梨ソフトボールクラブ(山梨)
深谷ジュニアソフトボールクラブ(埼玉)
鶴ヶ島レッドファイターズ(埼玉)
強戸キャッツ(群馬)
静岡EASTMAX(静岡)
岐阜ドリームズ(岐阜)
大和ホワイトガールズ(神奈川)
長小シスターズ

東のチームが多い中、滋賀県がポツリ。
いいね~。楽しみだね~。
2月3連休なんで、思いっきり出来る。

どこまで鍛えられるかな~。甘ちゃんだからな~。

新チームにも刺激をどんどん提供して、そして何より友達の輪を
広げてもらいたい。

今年の新チームの目標は
「覚悟」

覚悟とは

1 危険なこと、不利なこと、困難なことを予想して、それを受けとめる心構えをすること。「苦労は覚悟のうえだ」「断られるのは覚悟している」
2 仏語。迷いを脱し、真理を悟ること。
3 きたるべきつらい事態を避けられないものとして、あきらめること。観念すること。「もうこれまでだ、と覚悟する」

だそうだ。
週末は言い続けた。

週末サヨナラ負けしたビッキーズ戦でも
「良いチームとやると、必ず苦しい場面がやってくる。
 そんなん当たり前だよ。みんなどんな場面でも覚悟をもってやれよ~。」

しかし1回戦では、5年生の打球が変わり出したのを実感できた。
打球の角度が良くなってきた。
2人が対面コートにまでいくレフトオーバー。
1人が右中間に弾丸。
1人が右中間にカスあたり本塁打。カスあたりで飛び出した。

しかし球速が速くなると、まだまだ甘ちゃん。
とにかく1ヶ月
・打球の角度を変えよう!
・強い打球を打とう!
・初球から甘いボールは行っちゃえ!

つぼみもいつ華が咲くかはわからないが、個人目標を持たせて頑張ろう!
まあこれに4年生の飛距離も伸び出したので、楽しみ。
でも実戦では当たらない(>_<)
まだまだこれから。
親さんはすばらしい。
寒いです(>_<)

さて福井県で行方不明になってる3歳児。
本当に無事にいてほしい。

行く遠征先などで
「ブログをたのしく拝見しています」
など言って頂くことがあるが、子供達も見ててくれるんだろうか。

そんな子供達へ。

オイラは5人兄弟の4番目。
親になって思う。

世の中の親は、本当に凄いと思う。
君たちの親は本当に素晴らしい。
何をどういっても、育ててくれた親さんは、みんな凄いと思う。

親を悪く言ったりするだろう。
嫌いになる事もあるだろう。
口やかましい時もあるだろう。

でも、君たちを育ててくれた親さんは、本当に素晴らしい。

それがわかるのは、君たちが大きくなって子供が産まれた時に
まず実感する事だと思う。

本当に、素晴らしい。

事件なのか事故なのかわからないが、福井県の男の子が無事でいてほしい。
おい!山田!

週末は、久々に県内の大会に参加しました。

一応下級生主体挑みましたが、準決勝でサヨナラ負け。

今年の夏からずっと捕手で使いたかったレイカ。
そして何より捕手で使い続けていた「おい山田!」を、野手にまわしたかった。
試合終盤に思い切って交替。

まだまだ安定は求めていない。

そんなチームじゃない。

やってほしいのは「チャレンジ」。
試合で思いっきり遊べ。

遊ばせるためには、経験と産まれ持った能力が必要。

山田をとにかく自由にさせる。
それに周りが乗っかる形。

とにかく遊べ。

遊びだした。
調子に乗ると、軌道修正。

とにかく山田は暴走する。

暴走するが、初回の先頭打席からでも初球から振り回す。
2ホーマー。

まあ負けはしたが、夏は6年生込みで、ボロボロに負けた相手。
試合が出来る様になってきた。

途中から新キャプテンリオが一緒に遊びだした。
放置。

さあこれからあと何人が一緒に遊べるか!
みんな乗り遅れるなよ。

投手ジュナは安定しなかったが合格点。
安定して満足されるのが一番嫌だ。

常に上を目指してもらう。

中学・高校と続けるなら、今が一番大事。
決して満足はさせない。
まだまだこんなもんじゃない(^.^)



検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR