FC2ブログ
長小シスターズ ノッポちゃん
滋賀県長浜市立長浜小学校 乙女のソフトボールチーム。熱い子供達と一緒に頑張ってます。
プロフィール

青い弾丸姉妹倶楽部  ノッポ

Author:青い弾丸姉妹倶楽部 ノッポ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

個人能力

昨日の練習で、6年生の子供達にきつい目に御話した。

「この先も、チームが強くなったからと言って、私が強いわけではない。
結果が良かったからと言って、私自信が強いわけではない。」

この意味を一番痛感するのが、11月に行われる掛川での6年生大会。

みんな痛感するだろう。

「上には上がいる」事を。

無名のチームや、戦績ではあまりパッとしなかったチームからも
出場してくる大会。

しかし金の卵がたくさんいる。

チームでは守れなかった守備も、周りは全員6年生。
当然守ってくれる。
そして打ってくれる。

まあ全国大会で連合を組んで出てくるチームがあるが、
簡単に言えば、その集まりの大会。

特にピッチャー・キャッチャーが素晴らしい。

シスターズ連中には1年前から言っている。
11月の大会は、思い出つくりだが、結果次第ではホンマに後悔する
大会になるよ。って。

その時は「シスターズ」ではなく「個人」だから。

個人の実力を上げなければ、おもしろいわけがない。

あの大会は、本物か偽物かハッキリする大会だ。

個人のレベルアップを期待しよう。

しかし神奈川や愛知などが、連合を組まないで全国に出てきている事に、
感謝する。
一部連合みたいな感じもあるか・・・。

あの個々のレベルの高さは、シスターズ単体では、絶対に歯が立たん。

スポンサーサイト
サッカー頑張れよ

勝てば官軍。

昨日のサッカー負けました。

お決まりの如く、叩かれます。

本番で勝てば、何も言われません。

頑張ってください!サッカー選手!

あれ?なでしこジャパンは、どうなった?

勝っても負けても、1年も経てばみんな忘れます。

がんばれ!

柵越えホームラン

今回の予選では、小技の大切さを改めて痛感した。

しかし、子供達と交わした「打って勝とう!」
悩みもしたが、やはり最後は子供達との約束もある。
*あまりに打てない子には、バントしかないが・・・。

練習試合などで小技の上手な子をよく見る。
セフティー、スラップ等々。

本当に上手い子が増えた。

しかし先日の試合でも、小技の上手な子はマークしていた。
「振らせれば勝ち」

小技の上手な子の特徴で、余裕を持たせれば、難なく決める。
しかし少しプレッシャーをかけると弱くなる。
そうなると、打ちに来るんだが、普段強振をしていないので
それほど脅威に感じない。

やはりここ一番でこわいのは、迷わない強振。

打てなかったシスターズ軍団。
しかしあの御調子者軍団は、打てずに勝てなかったので
さらに努力を続けてくれる。

今回何で負けたか。
「打てなかった!」
と答えはハッキリ出た。

目指すは、全員の柵越え弾での勝利!

「そんな強振しなくても!バカだな~!」

バカな事を、ヘロヘロシスターズ御調子者軍団と貫いてやる!
どこかの大舞台で、花咲く時がくるだろう。

それがどこかはわからないが、打ちまくって!勝って!泣かせてやる!

たぶん・・・道のりは・・・長い・・・と思う・・・。

それでも良い!夢を持とう!

減量成功

1日で5キロ痩せました(^_^)

北海道行けば7キロくらい痩せて帰って来る予定でしたが、
草津さんに 0-1 でサヨナラ負けしました(>_<)

思えば、2週間前に加古川の大会に出て、草津さんに
初回3点、2回6点と打たれた。

種明かしをすれば、同行できなかったので監督に外だけ投げさせて、
草津の子は、外をしっかり打つっていうのを確認してきて!って。

それ以降は、内・外を攻めて、おさえたらしいのですが。

草津もそこそこ打ちます。
シスターズもそこそこ打ちます。

それが共に、1安打です。

理由は、アウトコースのバッターボックスライン上を通過すれば
ほぼストライク。
試合開始と共に、全てが大幅に変わりました。

2人目の打席の時に、関係者をバックネット裏で確認して
もらいました。

お互いに、外角ボール球を徹底的に攻めます。
そりゃそうです。
失投さえなければ、バントしようが振ろうがまともに当たりませんから。
まあ両チーム同じ条件ですので、仕方ありません。

途中お互いチャンスもありましたが、笑えるほど両チームの選手が
好守備でしのぎます。

タイブレーク突入しても、同じ状況が続きます。

タイブレーク2回。我慢比べに負けました(>_<)

子供達と、まだまだ本物目指して頑張ります(^_^)

延期
6時に集合して、監督に開催の可否を確認してもらいました。

延期になったので、そのまま6時から練習。

「お~い監督!もう一回電話して「やっぱりやってくれ!」ってお願いしてくれ!」
って(笑)。

数人が、始めて1年ですので仕方ありませんが、その子達もノリノリでした。

元気印のヤマダさんが、加古川でケガをしちゃって、その痛みがひくのを
ソフトボールの神様は待っていてくれるのでしょうか?

昨日外野を守ってて感じた事。

今年の6年生が打ってる時に、チビを守らすのは、どんどんチビ達を
下手にしてしまうんじゃないかと。

こわい。

先週から場面に合せて、強烈なゴロを打てるように、通常の打撃練習に
加えて練習を開始しました。

これを「ハマる」っていうんでしょうね。
こわいです。

まあ一番ハマったのは「御祈り打線」と命名している、5年生軍団。

まあこれが花咲くのは数ヶ月後と感じてますから、楽しみに待ちましょう。

今週末もがんばりましょう。




ん~
4:6やな。

あと少し何かが。
楽しい週末
GW終了。

仕事仕事仕事。。。
唯一の休みの昨日も、我が家の王子2名が2週間前からひいていた風邪を
御丁寧に頂戴して、その上親不知が激痛という踏んだり蹴ったり。

痛み止めを飲んで過ごしてます(>_<)

さて各地で予選が行われてますね。

試合ごとに、色んなドラマがあるんでしょうね。

シスターズは、GW中何試合かさせてもらいました。
その中でチャンピオンである草津さんともさせてもらってます。

結果は負けです(=_=)
当日は左右の投手どちらでしょうか。
全国大会の時、岸和田さんがFBで中継してたのを見て、
右投手が安定しているな~、と感じました。
気の弱そうな子でしたが、努力家ですからうれしいです。
滋賀県にとっては本当に良い事です。
先日の試合では居なかったみたいですが・・・。

ま、左右関係なしですね。
選手達が望む
「打って、土山!草津!に勝ちたい!」
を腹くくって望みます(^_^)v

シスターズ選手達は、それなりに楽しんでたみたいです。
今年のカラーですね。
まあ少々ではめげないというか、まあマイペース。
ヤンチャなのか、大人しいのか、器用なのか、不器用なのか(-_-)

目標としては「全国出場!」ってのがありますが、
やはりオイラとしては、個人でどんどん伸ばしてやりたい!
ってのがあります。

なので、全員フルスイングをバカみたいに目指します。
フルスイングにたどり着けない子には、それなりに対応していきます。

あとは、中学・高校で伸ばしてやってください(^_^)

今週末も、ソフトボールを楽しみましょう(^_^)v

オヤジ

うちの頑固オヤジは、もう80歳くらいか。

オイラも2人の息子を授かったが、オヤジに言われた事の
おさらいを毎日している感じ。

どれだけガンコか。
俗にいう「こうと言ったら、絶対に曲げない」の典型的な感じ。

普通は○とか×とか△とかあると思う。
もう○か×しかない。

降水確率で言えば、0%か100%。

そんなオヤジは
「世の中は、自分の子供に「自分の人生だから」とか言ってる
 親が多いが、これ程無責任な事はない。
 自分の子だからこそ、一生懸命になるべきだ」
と以前話してくれたことがある。

オイラも同じ考えだ。

自分で判断出来ない時に判断をさせて、自分で判断しないといけない時に
自分で判断が出来ない。

良いとか悪いとかはおいといて。

オイラの姉から聞いた話だが、オイラの姉が高校の時、
学校の帰りに友達と本屋へ寄っていた。
当時は、携帯も何もない時代。

19時を過ぎて、何も連絡もなく帰って来ない姉に、オヤジはイライラ。

そんな時に、姉の友達が、家に電話が。。。
オヤジがどこに行っているか優しく聞き出す。

そうとも知らず友達数人と本屋に居る姉。
無言でオヤジが本屋に。
姉を発見すると、無言で接近し、無言でビンタ。
そして無言で立ち去っていったそうな。。。

その恐怖といえば、次男であるオイラと次女である姉くらいしかわかるまい。
長男・長女は、上手に怒りに触れてない。。。

やり過ぎだ!と思うかも知れないが、もしTOKIO山口の被害にあった高校生の
オヤジが、少しでもオイラのオヤジみたいなら、絶対に被害にあってない。

まあ、タレントになりたい!って言っても、間違いなく3秒以内に却下される。

子供の事に深入りし過ぎも問題あるかもしれないが子供の人生で
「気付いた時には遅かった!」
とか、子供の事で後悔だけは、したくない。

先日も愛子と
「一応オヤジにお伺い立ててからにしようか。。。」
とオヤジに電話をした。

「あかん!(ツーツーツー)」
電話が切れた。

相談内容を話し終えてから、3秒かからなかった。
愛子と
「せめて、5秒は考えてくれるかと思ったが、最短記録に近いわ。笑」

ちなみに最短記録は、オイラが知る前に断ってた(-_-) 笑
なので0秒だ。

子供に遠慮する親が増えてる。
子供を怒れない親も増えてる。
大人に遠慮しない子供が増えてる。
大人に怒られない子供が増えてる。

自分に子供が出来て、親に怒られた事が、今は宝になっている。
こわくて恐ろしいオヤジだが、その奥には「優しさ」があふれてる。

1人しかいない、父・母。
100歳までまだまだある。
少しでも長生きしてほしい。

反省だらけの前半戦

GW(グランドウィーク)前半3連休は、試合・練習・試合。

全てが5月13日を想定した試合。

良い場面が増えてきたが、まだまだ不安定。

昨日の敦賀さんとの初回に、やらかした。

細かな事は伏せるが、試合中に子供達に
「ゴメン、この流れの悪さをつくったのは、
初回の攻撃でのオイラのミス。
もう一度オイラにチャンスをくれ!
今度は、絶対に全員を本塁に返すから。」

監督に
「タカユキ切り替えて・・・笑」
と・・・。

昼からの試合も、ランナーを走らせず、同じ場面を
何度か子供達と作る。

やりたい事を伝え、子供達に徹底してもらう。

良い投手が来れば、そうそうは打てない。
少ないチャンスをどう生かすかを子供達と確認。

家に帰ってから、食事中も布団の中でも考えてしまう。
あまり試合の事を家では話さないのだが、愛子にも
「今日はやってしまった!あの一瞬の判断で、全てを潰してしまう。」
と。

体調の悪い愛子に
「5年前の予選でのあの場面が・・・。
 その場面が起きてしまった要因の一つが、その前の試合での
 判断ミスが、あのプレーに繋がってると思ってる。
 その1試合目の流れの悪さは、前日の解散時に子供達に
 かける言葉が悪かったんじゃないかと・・・」

愛子に
「そんな前の事、よくおぼえてるな~笑」

勝った負けたは運もあるかも知れないが、その勝つ確率を上げて
あげるのがオイラ達のやる事。

負け試合に悔いの残らない試合などは絶対にない。
必死になればなるほど、悔いしか残らない。

と思えば、昨日の子供達は、自分達の力でチャンスをつくれる様に
なってきた。

失点が極端に減ってきた。

御調子もん軍団を解き放った時は、本当におもしろくなる。

しかし御調子もん軍団なので、解き放ち過ぎると、暴走軍団になるので
常にオイラは抑え気味に進めている。

抑え気味にやってるのに、グイグイ来るから本当におもしろい。

西濃さん、敦賀さん、NARUMIさん、リトルマウスさん。
本当にありがとうございました。



ナルミさん、リトルマウスさん

15251359380.jpeg

敦賀さん、西濃さん

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR