三年生軍団も競争
5年生のいないシスターズにとって、3年生の成長は絶対条件。

日曜日の練習では、2人を6年生の練習に投入。
バントもしっかりやれるし、守備も一緒になって頑張った。
強い打球にも向かって行くし、ゴロもとって何とかアウトにしようとしている。
出来ないことも、マネをして必死についてくる。
その姿を他の子達は横目で見ながら、練習をしている(^_^)

やっと気持ちも切り替わった6年生が教えているので、成長スピードも速い。
教え方があっているか間違っているかは二の次。
ハッキリ言ってそんなことはどうでも良い。
まずは「教える姿勢」があり「教わる姿勢」が大切。
キャップ リコがいるので、口出し無用。
それまではオイラは遠くから見ているだけ。

不安そうにしていたり、飽きてきた場合は3年生に近づいてお喋り。
魔法の言葉「お~上手やな~」

たまにダラける事があるので、しっかりと目を光らす。
だらけるとケガをする確率が高くなる。
それだけは避けたい。

口を出そうとすると、キャップが「3年生おいで!」と言って、目線を下げて話をしてくれている。
またまたオイラは見てるだけ・・・。

昨日は学校の周りを、雄太と散歩。

オイラが通っていた頃とは、風景がかなり変わっていた。
田んぼだったところには家が立ち並び、砂利道だった通学路は舗装され、
よく走らされた「外周」と呼ばれていたところは、もう走れない。
オイラの中学校の時に、走れない様にしてほしかった。
昔は、どの部活もよく走らされていたが、今は走っている姿は殆ど見ない。

3年生軍団はよくしゃべる。
誰に似たかはわからんが、よくしゃべる。
練習が終れば、オイラの事も放置して喋り捲る。

20年後が想像できる(T_T)
スポンサーサイト
[ 2013/09/24 13:18 ]

| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<今週末 | ホーム | 練習>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://1995sisters.blog.fc2.com/tb.php/252-8da1878e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |