お姉ちゃん
今、隣の長浜西中に、シスターズOGの子が1人教えに行っている。

やはり、やるのと教えるのとでは全く違うという事で、

少し悩んでいるみたいです。

悩んだ時には、2年先輩であるオイラの嫁さんに色々相談しているみたいですが、

当然のことながらオイラの耳に入ってくる。

教えているのもシスターズ、教わっているのも殆どがシスターズ。

相手も女の子なので、難しい年頃なのでしょう。

まあ先日の試合後の練習風景を見れば、悩むのも頷ける。

その後に嫁さんに相談内容を聞かされたのですが、そのまま。

・子供達にはどうすれば伝わるのか。
・どう伝えれば理解されるのか。
・私はどの立場で子供達と接することがベストなのか。

まあやり方は色々あるのでしょうが、受け入れ側がその子の役割を

ハッキリしてあげるべきなのでしょうね。

シスターズには前川さんと言って、以前他のチームの指導をされていた方がいます。

その後、長小グランドに何回か来られて、ある時に「前川さん一緒にやりませんか」と

お誘いしました。50過ぎのおっちゃんです。

それから、ちびっ子達を見てもらってます。

ちびっ子達は前川さんがいないと「前川さんは???」と探しています。

前川さんも喜んで毎週来てくれます。「小さい子は疲れる~」といって帰っていきます。

前川さんが熱くなって怒っていると、オイラが近くに寄って行って「飴役」をします。

来ているお父さんにも色んなお願いしますし、教えておられる時には何も口出ししません。

そうすると、みんなが家で練習方法や教え方を勉強してきてくれます。マジすげー。

たまにグランドでは「あ~だ、こ~だ」の即席発表会が。

来る人にも楽しみがないと、来ることが苦痛になります。

中学校も愛美を上手に使ってあげてほしいですね。

スポンサーサイト
[ 2013/10/17 07:37 ]

| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<冬眠準備 | ホーム | 滋賀県六年生選抜始動>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://1995sisters.blog.fc2.com/tb.php/283-5e11a5a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |