昨日、天気が良かったからと思い、急遽夜練習をしました。

来れないこのために、短い練習時間ですが、仕事などに支障がない限り

出来るだけ練習に参加出来る機会を作ってます。

機会を作ってるだけで、来るか来ないかは別。

別にそれでもいいのです。
体調や塾などの事もあるので、それを優先してもらったら。

ソフトボールで飯は食えません。
出来る限り人生を生き抜く知恵と体力を蓄えてください。

さて、先日ネクサスさんとの試合で、今年のデビューを飾った4年生P。
昨日の練習では良い兆しが。

「お?つかみかけてる!」ってな感じです。

一人で全員を見てますので、遠くから眺めることが多いのですが、
昨日は「変化」を感じた子が3人ほどいました。

子供たちが精神的にも技術的にも変化する瞬間って見ていて楽しいですね。

何が切っ掛けかはわかりませんが、少しの言葉で変わることが多々あります。

その変わり目を引き出すのが「アメ」であったり「ムチ」であったりすることもあります。

昨日の4年生Pは、練習の途中に変化が訪れました。

少しセットからの初動に変化を加えました。
それと踏み出すイメージを伝えました。

それから10分後暗闇で投げ込んでいる姿を見て
「おおおおおおおおおおおおおおおおお、変わった(^.^)」

ん~良い感じ。

寒い中ひたすら投げ込んでいる姿を見て、通りすがりのおばちゃんに
「一人でやってるんか?がんばりや~」みたいな声をかけられてた。

おいおいおばちゃん。
あんな広いグランドで、真っ暗闇で一人で投げ込んでいたら、
それこそおかしいやろ~。
ちなみに、その20m横の体育館の光りのあたるところには10人くらい
ひたすら打ち込んでる子がいます。

なぜ暗い場所で投げさせるか。
まあ別に特別な意味はないが、投げよう!という意識よりも、自分の投げる
リズムに集中させるには、暗いところで黙々投げさせるのも、一つの手段。

もう少し自分にリズムで投げれるようになったら、明るいところで意識させて
投げる方が良いのですが。

何球かに1球、良いボールが出だした。
まだまだ顔付近のボールですが。
ネクサス戦でも顔のあたりに良いボールが出だした。

それが10球中1球になり。
5球中1球になり。
2球中1球になり。
3球中2球になり。
5球中4球になれば・・・(^.^)

今は、ハルノとマレイに投げさせていますが、マレイは先日の試合中に突き指したので
試合で投げさせられませんでした。
ハルノの「変化」の間隔が少し早い。
これは投げ込みしかありません。

ん~ちょっとペースが速い。
まだまだ四球が多いのですが、そんなの問題じゃありません。
生きたボールが投げられるかどうかです。

何年か前のPを思い出しました。
京都の大会に行って、100球中90球がとんでもないスピードボール。
審判の顔あたりに、ひたすら投げ込むボール。
ぽつりと
「あ~これでエエピッチャーになるわ。」
と、コー君につぶやく。

そりゃそうだ。
なんせ、四球ばかり。
京都まで、バッテリーのキャッチボール見に行った感じ。

コー君は
「ええええええ?」
だったらしいですが、2ヶ月しないうちに本格派の投手に生まれ変わりました。
1試合に四球などあるかないかまで成長しました。

子供の生まれつきの能力などはありますが、最大限に生かせればいいですね。
昨年見た、奥沢投手みたいになってくれればうれしいですね。
言い過ぎですね♪

出来れば今日も練習して、間隔を少しでも忘れない様にと思ったのに、雪やんけ!!!
スポンサーサイト
[ 2014/02/05 08:09 ]

| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<違和感ないですか? | ホーム | ゴールデンウィーク>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://1995sisters.blog.fc2.com/tb.php/403-c6ab43e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |