勝利へのこだわり
勝利へのこだわりと言うのは、大小みんなが持っていると思います。

それがたまたまソフトボールの様なスポーツであったり、友達と遊ぶDSであったり様々です。

正直、現役時代は「勝つ事」以外楽しいと思ったことなかったかも。

練習の中で楽しい事や思い出はたくさんあるが、鮮明に覚えているのは

「負けたときの悔しさ」です。

※先日あるグランドに行ったが、そこの思い出は「滋賀選抜の試合で、岐阜選抜に初球ホームラン打たれた!!」未だに反省してます…(>_<)

それがハングリー精神となって頑張ってた気がします。

最近のスポーツ会の騒動で、さらに「勝つ事に執着するな!」みたいな

指導がされる気がしますが、であれば全国大会などやめれば良い。

世の中から一切の大会をなくせばいい。

優勝しても賞状渡さず「お疲れさん」とだけ言えばいい。

オリンピックでも、メダルの数を数えない。

オリンピック出場も抽選できめる。

まあ当然つまらん世の中になると思う。

子供たちには、努力のやり方を教えたい。

そして世の中に負けない世渡り方法を教えたい。

単純です。

子供たちには、「あいさつ!元気日本一!!」

これで世の中の半分以上渡れます。

結婚してからの近所付き合いも完璧です。

あとは愛嬌と気配りです(^_^)v

椅子に座りたいオーラを出せば子供たちは椅子をだしてくれます。

これが出来れば「若いのに気が利く子やね」と、近所の評判完璧です。

外面は完璧です。あとの家庭内での旦那さんとのやりとりは、自分たちで努力して下さい。

人生の勝利者になってくれ♪

ソフトボールはそのうち上手になりますよ…多分…。
スポンサーサイト
[ 2013/02/07 12:58 ]

| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<岐阜遠征 | ホーム | 3月長小交流戦>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://1995sisters.blog.fc2.com/tb.php/43-f19d7a77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |