チームの1番バッター
昨日愛子の実家に行っていたら、義父が何を思ったか愛子の小学校の時の
ビデオを出してきた。しかもシスターズ時代の。

約16~17年前か?

チーム結成2年目。全国予選のビデオ。
懐かしい。

記憶では、県内で楽に勝って、今の大阪の交野杯に出場して、初戦で0-8か9で大敗した。
その時に、監督のユキオちゃんと「絶対に勝たせよう」と二人で話し合った記憶がある。
2年目で試合経験がなかったので、仕方ないと言えば仕方ないが、今でもあの敗戦は覚えてます。

その時の近畿大会は、ホワイトビッキーズと対戦して、
途中までは接戦してたが、ユキオちゃんと
「そろそろ、守れんのがばれるかな???」
と言った途端ばれた(^.^)

この時にもユキオちゃんと
「絶対ビッキーズに勝たせよう」と。

2年後にビッキーズと近畿の決勝で対戦するはずが、日没で同時優勝・・・。
全国の決勝で!と思ったが、エースが全国大会に来れなくて、2回戦敗退。

色んな思い出がよみがえる。

が・・・しかし・・・変わってないユキオちゃん。
今でも学ラン着たら学割ききますよ。多分。

今は亡き恩人も元気に動いてた。

愛子に問われた。
「何で私が1番バッターやった?」と。

即答した。
「あの根拠のない自信。出来もしないのに、自信満々でプレーするところ。」

ちなみに、打つ方はあまり打てない。
でも、四球を選んだ時に
「ヨッシャー!」と勢いよく走り出す。

出来もしないのに、ヘッドスライディングしてシャチホコみたいになったこともある。
完全なお調子者と言うか、チームに勢いを持ってきてた。

ホームについたらガッツポーズ炸裂で、ベンチに帰ってくる。
打てても打てなくても、何か勢いを持ってきてた。

120%ドヤ顔炸裂。絶対に試合中は泣かないし、下を向かなかった。
何度も言うが、根拠のない自信満々。
三振しても・・・ドヤ顔・・・でしたが(-_-)
ピッチャーに対して
「今回は、君の勝ちだ!」
って言ってるかのように、何か自信満々で帰って来てました。

そんなん、怒れませんよ。
絶対に下を向かずに、とにかく我武者羅というか、打てなくても良いから何かやってくれる!って
感じでした。

色んなチームを見ましたが、愛子よりうまい子は山ほど見てきた。
歴代シスターズの中でも、愛子以上に打つ子はたくさんいる。

しかしながら、あの雰囲気の1番バッターはあまり見たことがない。
言っても出来るもんじゃない。
ある意味天才なのでしょうか?

「とまれ!」と言わないと、少しの隙があればすぐに突っ込んでいってしまう。

打てなくてもチームに貢献できると言う事ですね。

ちなみに練習の時は、毎回泣かしてたかな?
泣いても泣いても、ノックしてた。

先頭バッターで、三振などをして泣いてしまうバッターは、いない方が良いですね。

今のところ今年のシスターズの切込み隊長は、泣きませんね。
あとは、チームに勢いを持ってくる子が出てくるとうれしいですね。

HYOGO ポニーズのベンチに凄い選手がいました。

何年後かに凄い選手になるんじゃないでしょうか?
一人で長小全員分の声を出してた。

ホンマにスゲーぞ。
スポンサーサイト
[ 2014/07/01 12:38 ]

| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<練習や~めた! | ホーム | 順調、順調。後半。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://1995sisters.blog.fc2.com/tb.php/586-5394d14b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |