長小交流会 終えて…

まずは、御参加頂いた各チームの関係者の皆様、シスターズ保護者・関係者の皆
様、
前準備から運営、後方付けに至るまで本当にありがとう御座いました。

昨年、一昨年も小規模ではありますが2月に開催しました。
しかし昨年は、雪が降る中での開催となり、急遽南へ移動して実施しました。
それを教訓に、3月に開催としました。

はじめは、5チームくらいの開催予定でしたが、全国2週間前というタイミングと
全国出場チームが多数参加されるということもあり、次第にチーム数が増える事と
なりました。

各県の代表が長浜に集まる事となりましたので、滋賀県のチームにもお声かけし交
流をして頂きました。
最終的に16チームとなり、なかなか中身の濃い試合になり、本当に良かったと思
います。

しかし開催場所がホームという事もあり、シスターズの子供達の気持ちが緩む可能
性がある為、
無理をお願いしグランドにお手製フェンスを張ってもらいました。
その結果、さらに緊張感というか「ホンマに長小のグランドか???」と、なりま
した。
その緊張感が最終戦終了後の涙となったのでしょう。
*途中会場を抜けていたので、帰ってきてびっくりした!子供らも本戦モードやっ
たんかな?

出だしの悪い長小(特に毎週の土曜日の試合)ですので心配しましたが、初戦から
しっかりと対戦することができました。
先制点をとられるケースが多いので、そこは全員で反省するところです。
WBC日本代表ではありませんが、四球で塁に出しヒットを打たれて先制される
と、
大事な試合ではプレッシャーとなります。
そのプレッシャーから、エラーや判断ミスがおきるので、常に冷静でいられる様に
自分たちのリズムで試合を
運べる力がほしいですね。

長小にリズムがない時は、キャプテンの動きや声かけ、キャッチャーのリードを見
ていると答えが見えてきます。
冷静さを失っている時の長小は、チームではなく「個人」となっています。
チームとしてまとまっている時等は、相手が強くても「勝負」ができています
が、「個人」となったときは
散々な結果が待ち受けています。

本人をあまり褒めないのですが、キャプテンのリコが大変身をしました。
変わるきっかけがあったのは、先月岐阜ネクサスさんに試合に行った時からでしょ
うか。
一皮向けるように!と思い、いつもより気合を注入しました。
その後周りに声かけるタイミング・内容・音量が全く別人になった気がします。
「何とかしよう」「チームを引っ張ろう」という姿勢が、周りにも伝わります。
前キャプテンのチサトも、昨年のこの時期に徹底してやりましたが、春には本当の
意味での「長小のキャプテン」と
なってくれました。
何が邪魔をしているのか?と考えると「仲間への遠慮」「照れくささ」「自信のな
さ」だと思います。
口で言っても絶対に理解できない領域だと思うので、少し可愛そうですが粗治療で
す。

この2~3週間で、状態が急激に上向いてるのは、誰でもなくリコの成長がもたら
しています。
リコなしではこのチームはありえません。
それにつられて、みんなが脱皮しつつあります。
4月以降楽できそうです。

今年も最高のキャプテンが誕生しました(^_^)  かわいいかわいい板金屋の娘で
す。

オヤジは台湾代表のショートに似ています(-_-)

スポンサーサイト
[ 2013/03/19 07:48 ]

| 未分類 | コメント(1) | トラックバック(0) |
<<全国大会1週間前 | ホーム | 長小交流会終了>>
コメント
--- ---

チャイニーズ・タイペイ 11番 林泓育(りん・おういく)ですね。だいたい合ってると思います。
リコちゃん 林泓育とともに盛り上がって行きましょう!
* URL [編集] [ 2013/03/21 12:18 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://1995sisters.blog.fc2.com/tb.php/62-f7ee74d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |