夏の県大会
週末は、夏の県大会でした。

今月に入って殆ど練習できてませんでしたので、少し不安でした。

まあ愛子監督代行の日々の練習の成果がどこまで出るのか
それを見るのが楽しみでした。

土山さんと1-1でジャンケン勝負となり、負けました。
平日愛子にジャンケンの練習を言うのを忘れてました(^.^)

最終回まで1-0で勝ってたのですが、
ツーアウトからナイスなサードのプレーで
ファーストに投げたのですが、まさかのスルー(>_<)

その時点で
心の中で「どうせなら逆転されて負けろ」となってしまった。

一試合みんなで積み上げたものも、一つのプレーで負けてしまうってのを、
今のうちに経験させて、自覚させたかった。

まあ相変わらず打ててはいませんが、打てなくてもそれなりに点数は取れます。

来春にはそこそこ打てるチームになると思うので、今は打てなくても
接戦が出来るチームにしたいと思います。

2試合目は男子チームとでした。
少し球速が落ちると、それなりに打ちます。
この試合では、スキを狙うのではなく、スキを作らせる事を教えました。

どれだけ警戒されてもスキは作れます。
それは集中力と、普段からの練習のなかでの教えでしょう。
突然「気を抜くな」と言っても、普段やってないと直ぐにスキは生まれます。

この1日で、3つのホームスチールをさせました。
警戒されても「行く!」

ピッチャーにボールが返って、サークルに入るまではとことん狙う。

アウトになって初めてわかるものがある。

今のうちに、どんどんアウトにさせようと思います。

アウトになって悔しい思いをしないと、真剣に走塁をしようと思わない。

昨日の練習では、朝一番から大説教で練習開始しました。

「昨日の緩みまくった試合は、普段の練習で緊張感が全くない証拠じゃ~い(--〆)
 練習で一生懸命出来ないのに、試合で突然一生懸命など出来ない(--〆)」

スーパー説教の後の練習は、超上手くなる。

やはり何事にも緊張感って必要ですね(^.^)
スポンサーサイト
[ 2014/08/18 13:28 ]

| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<滋賀六年生チーム | ホーム | 長小シスターズ交流会ですか。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://1995sisters.blog.fc2.com/tb.php/637-fb8d9cf4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |