練習で出来ても・・・
日曜日の昼食時の長小劇場。

見られてる中での練習は、子供を自然と上手くさせる。
途中子供たちを集めてヒソヒソ話。

「○×△□×○□△◇(^.^)」」

子供達もニンマリ(^.^)

劇場再開。
延々と続く。

続く試合では、取れなかったボールも動いて取れる。
練習では出来てて、試合で出来なかった事が出来た。

試合でミスが出るたびに、
「2週間後には出来るから」
「ボールは取れたけど、しっかりと投げれなかったから50点」

などなど、出来るだけ何がダメだったかをハッキリと子供たちに伝える。

ちなみにキャプテンは、
「お前の今のプレーは、-125点」
と、最低点数を付けられていた。

本来は「0点」と言ったのだが、キャプテンのオヤジが
「よかった~0点で!あのプレーはもっと低いかと思った!」
と言ったのが聞こえたので、オヤジに向かって
「-125点ね(^.^)」と伝えた。

「え~!」って感じ。
まあそんな冗談もでるくらいの雰囲気の中で試合が出来たことが良かったと思う。
チャレンジしてアウトにもなったし、強肩のキャッチャーからも盗塁できた。

積極的にバットも振ったし、結果は負けたが良かった。
今は結果じゃない。
そこに行きつくまでの過程が大事。

そのうち結果は付いてくる。
日々向上。毎試合前進。

今週は、愛知の日進宮田監督さんに無理をお願いして、二日間試合を組んでもらった。
また8試合出来る。
その次の日は、京都の大会。
そこでも大会の中での経験が出来る。

それが終わると、試合で「出来なかった!」と経験した事を感じさせながらの
練習が始まります。

出来なかった事が、はっきりと浮き彫りに出来たので、一気にチームが
変身できるタイミングに近づいてきました。
そのタイミングを逃さず行きたいと思います。
スポンサーサイト
[ 2014/09/12 19:05 ]

| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<愛知遠征 | ホーム | 進路>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://1995sisters.blog.fc2.com/tb.php/653-61b822fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |