雰囲気が子供たちを成長させる
試合で雰囲気を作ってあげると、自然と上手になる。

相手が上だと、自然と上手になる。

競い合う中で、何気ない会話の中に、ヒントがある。

会話をする際には「俺のチームは!」ではなく、相手を尊重し会話することで
発見することがある。

上達するにつれて、子供に語りかける言葉も変わる。

ミス1つにしても、1つのミスで幾つものプレーが隠れてる。
①ポジショニング
②周りとの確認
③一歩目の出だし
④捕球動作
⑤投球動作
⑥送球
1つボールを落としているだけでしかないミスも、必ずそれまでにいくつものミスがある。と思ってる。

先日の試合を通して、三遊間が開花しだした。
キャプテンをサードに持ってきたことで、4年ショートミサキの守備範囲が活かせる様になった。
ビビりだったショートが、まあ動く動く(^.^)
ミサキを下げても、マレイが少々の打球は取りに行くから助かる。

まあやっと努力をやりだした駆け出しですが、これからがまだまだ楽しみです。
・・・マレイとかみたいに、3年から必死にやってたら・・・もっともっと・・・鳴くまで待とうホトトギス(^.^)

打順も全国7回90分仕様に変更。
機能し始めた。

チャンスを待つんじゃなく、チャンスが作れる様になってきた。
そこからチャンスを活かせる様になれば最高。

打つ方は、何とかなるやろ。
バント練習してないのに、先日の試合でセフティーは決めるは、送りバント決めるは
スゲースゲー。
どこで練習やってんだ???

試合の雰囲気が、彼女たちを成長させるんだな~。

あと10日程度。
5000回は振れるね。
スポンサーサイト
[ 2015/03/19 07:54 ]

| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<今週末 | ホーム | 交流会反省>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://1995sisters.blog.fc2.com/tb.php/743-1e2c369f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |