がんばるおっさん。
以前から言ってますが、シスターズには練習当番等はない。

試合当番もない。
「親さんが居なければ試合にいけない・・・」
なんてことはない。

オイラ1人でも連れて行く。
と言いながら、1人では寂しいので、やっぱりみんなでワイワイと行きたい。

練習には当番はないけど、仕事が休みだったり、自営業さんも時間を見つけ
練習に来てくれる。

結構オイラは、練習中外から見ていることが多い。

色んなおっさんが、色んな格好して、色んなところで、色んな子を教えてる(^.^)
何を言ってるかは遠くに居てもだいたいわかる。

言ってる事を、子供たちが理解してるか、理解していないかも見ていてわかる。
おっさん連中も教えるからには、色々調べて練習に来てくれる。
見ていておもしろい。

どうしてもオイラのスイッチが入ると、他を寄せ付けない雰囲気になってしまう。
なので、おっさんが活躍している時は、オイラは一歩引く。
おっさんが言いやすい雰囲気を作る。
なのでおっさんは、娘以外にも色々言ってくれる。

外野のチビちゃんには、暗黙で一人ずつ付いてくれてる。
技術的にあまり言えない人は、常に励ましててくれる。
それがホンマにうれしい。

バッターや走塁なども、みんなに任せて打って走ってもらう。

時には大人げない事をする輩もいる。

常に
「大人のバッティング!練習になる大人の走塁!空気を読め!」
であるのですが、バットの芯を喰らってしまうこともあり、後ろから常に注意をはらってる。

意外とバントの上手いおっさんもいる。

おっさんが多くあらわれた時は、昼からはずーーーーーっとゲーム感覚で遊ばせている。
子供たちは「抜けた!」と思う打球が、大人なら届いてしまう事に、悔しがっている。

ソフトボールを親子で楽しんでもらって、親子の絆も深めてもらいたいですね!

昨日ブログをアップした後に、他チームの親さんからLINEがきた。
このおっさんも「好きなんやな~」と思う。
まあ娘が一生懸命してるから、余計に好きになるんやと思う。

週末、このゲーム(遊び)感覚で色々して
「来週の練習までには、絶対に打てるようになる!」
とか
「取れる様になる!」
となったら、小学生相手なら指導者の勝ちだと思う。

それ以上を求める子には、個人的に言う事を変えればええと思う。

普通この感覚で練習をすれば、おそらく「ダラダラする」と思うやろうけど、
それが違うのよ。
でも笑顔が絶えないのよ。
スポンサーサイト
[ 2015/10/21 12:18 ]

| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<西日本大会→無事到着 | ホーム | つまらんぜよ、プロ野球>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://1995sisters.blog.fc2.com/tb.php/838-2300b864
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |