西日本大会めでたし!
しかし近いようで遠かった(^.^)
でも晴天だから全てよし(^.^)

さて二日間で出来たのは、4試合+いきなりタイブレーク。

初日に二試合して2勝すると、最多の場合8チームが2勝になる。
その8チームを決勝リーグ4チームにするのに行われるのが、
究極のタイブレーク。

ノーアウト満塁からの勝負(-_-)

その8チームに残ったのが、タイブレさん・ホワイトさん・岸和田さん・東広島さん・勝北さんなどなど
良いチーム。

そこに「あれ?」って感じでちゃっかり入ったのが、「ちゃっかりシスターズ」。
と言いながら、一応・念のためタイブレーク様のオーダーを1試合目にする。

このタイブレークの打順は、第一試合のオーダーとなる。
なので、第一試合は子供達もビックリオーダーだったと思う。
それどころか親さんたちも。

案の定、1試合目は超苦戦。
紙一重で勝利をものにできた。

2試合目は通常オーダーに戻す。
初回に一挙9点をとり、何とか2勝。

うちのタイブレークの相手は勝北さん。
高速左腕。
何と2試合とも完全試合で勝ち上がってきた(>_<)

さてどうしましょう(-_-)

1つの事だけ子供達に徹底させる。
そして長小の「打たなくても取れる」ソフトをやる。

先頭打者の5年生主砲。
途中インコースに来たボールを打ちに行ってしまい
手首に当てる。

正直「折れた!」と思った。
タイムを取り確認。
・・・痛そう・・・。
キャッチャーがインコース構えた時に「ヤバイかも・・・」が的中。

折れてはないので
「行けるか?」
と言ったら、涙たっぷりで
「行きます」
そこからもファールで粘る。

投手も5年主砲も素晴らしかった。
黙って見てたが、おもしろかった。

この緊迫した状況になると、長小の子供たちの武器である
「声」が最大の武器になる。

2点先取。
凄い集中力!あっぱれじゃ~!

しかしベンチで「1点足らんかも・・・」と。
あと1点取りに行けたのを、弱虫が出てしまう。
今年のチームの特徴でもある。
これについては、少し時間をかけて来年に活かそうと思う。

裏の攻撃は1点取られたが、ツーアウト。
打ち取ったフライがセカンドの前へ。
やっちまった~(>_<)
ここでも弱虫が出た。
「ギャ~」っていう悲鳴と「やった-」っていう歓声と。

でも一人冷静だったのがライトの3年生。
ひょこひょこと内野に走ってきて、ボールを取ってランナーにタッチ。

あの「やっちまった!プレー」の中でランナーの子達、全ての野手の中で唯一冷静だったんじゃ
ないかな?
走者が冷静なら、長小はその時点で負けていたし、野手が冷静ならそこまでバタバタしなかった。
大物になるか?

結局追いつかれて、抽選。
負け。

仕方ない。勝負なので。

翌日、ホワイトさんとタイブレさんと試合をして、帰路に。

到着時には、選手たちを喜ばそうと留守番組の親さんたちが
元気に御出迎え。

かなり感動した。
気持ちがうれしいし「バカだな~」と。

開場では、タイブレ監督さんの嫁さんEさんから、次男坊にお祝いも頂いた(>_<)

色んな意味で、終始良い遠征になった(^.^)

スポンサーサイト
[ 2015/10/26 06:49 ]

| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<日本シリーズ | ホーム | 西日本大会無事帰宅>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://1995sisters.blog.fc2.com/tb.php/842-6ea2bde4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |