あまいのかも知れませんが
以前にも言ったかも知れませんが、オイラはあまり細かな技術的な事を
教えるのは嫌いです。

練習している姿を見て
「あすればいい、こうすればいい、これはダメ、あれはダメ」
って言うのがあまり好きじゃない。

努力してきた子が、苦しんでたり悩んでたりする姿を見るのは嫌ですが、
努力もせず悩んでる姿を見ても、何とも思いません。

我が息子ももうすぐ満3歳になります。
色んな事を覚え出しました。
道具も使う様になってきましたし、たまに腹立つ事も言います。

何かを必死でやろうとしている時に、直ぐに言いたくなるんですが
それを我慢して、頑張っている姿に付き合っています。

不思議ですね。
悩んで苦労している時に直ぐに教えた事はすぐ忘れます。

でも悩んでやってみたけど、うまく行かなずにあきらめかけた時に
助け舟を出すと、その喜び方も凄いですが、その吸収力も凄いですね。

小学生も同じ様な気がします。
横で色々口うるさく言っても、あまり技術的な事は身に付かない気がします。
本当に頭で考えて、色々出来る様になるのは、6年生後半から中学生くらいでしょうか?

近道教えるより、遠回りでも努力をする方法を教えた方が良いような気がします。

試合会場などで、小学生らしからぬ態度を平気でとる子を何人も見ています。
そんな子に限ってまあ上手い事上手い事。

でも見ているこっちも気分の悪い事悪い事。

20年後のその子を見てみたい。
それと親の顔が見てみたい。

まあオイラも偉そうに言えませんが・・・

また1つオイラの宝物になる写真が手に入りました。
シスターズの5年生のバッティンググラブです。

2週間くらい前に、痛そうにしてたので、手を見ると・・・。
毎回練習中に出血しています。
でも言いに来ません。
ボロボロですが、大事に使ってます。
言いに来ないので、何も言いません。

静かにフォームが悪いから!と言って、先週は別メニューさせました。

この2枚の写真は宝物です😄



スポンサーサイト
[ 2015/12/01 14:44 ]

| 未分類 | コメント(1) | トラックバック(0) |
<<寒いな~ | ホーム | 掛川>>
コメント
--- ---

この2枚の写真はグッとくるねえ。

身体能力のずば抜けた子がいなくても常に高い目標に向かって、コツコツひたむきに頑張ってるもんね。

選手も指導者も親さんも。

いつも思うけど、本当にいいチームやわ。
浅利。 * URL [編集] [ 2015/12/01 14:54 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://1995sisters.blog.fc2.com/tb.php/863-52dd39f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |