年齢とともにやさしくなる。
先週末の試合途中に、副キャプテンであるミサキにオイラの落雷。

朝名古屋の高校に到着して、グランドで子供達の様子を見る。

荷物を持ちながら走る選手、歩く選手、大きな声であいさつする選手、
それにつられてあいさつする選手。
ボソボソとあいさつする選手。

数年前なら
「全員荷物を置いけ。そのまま「OK」いうまで走っとけ」
である。

最近は優しくなってしまい、観察しているだけになっている。

ユウコ登場で全員の声のテンションもあがる。
そこから少し経過すると、テンションさがる。
そこにマレイ登場で再度テンションあがる。
またテンション下降で、ミサキ登場でもテンションあがらず。

「プチン」
でんがな。
でも、オイラはやさしいので怒らない。

しかしある日突然その瞬間はやってくる。

試合中の何気ないプレー。
完全にプッツンである。

「コラ~!何気のないプレーさらしとんじゃ~。
そもそもお前の今朝のグランドでのあいさつは何じゃ~!
副キャプテンがあんなんやから、チビらが真似るんじゃ~!」

となってしまい
「誰がお前を副キャプテンに選んだんじゃ~!」
・・・オイラ達(-_-)

「お前の背番号は何番やとおもってんねん!何偉そうにきとるんや!」
・・・オイラが着させてる(-_-)

もうそうなると朝からの行動の全てをドカンドカン!

しかし声の出る出ないは「自覚のあらわれ」だと思っています。

チームがもう一伸びするには、必要不可欠です。
そして一番の近道です。
でも一番大変です。

MAXの監督さんのブログを見て、ミサキを思い出し
またイライラしそうです。

でもあの子が変われば、チームは変わる。

あとは色んな意味で「強くなれるか」だと思います。
そうなれば優しくもなれます。

スポンサーサイト
[ 2016/03/07 06:17 ]

| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<六年生お疲れ! | ホーム | キャッチボール>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://1995sisters.blog.fc2.com/tb.php/889-5dac5fff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |