成長期、成長率、成長力。
成長したというか、成長してますね。

ミリアンヌとユウコリンのバッテリー。
桜林カップでは、本当に成長してきたな~と実感しました。

まあ全国予選の時にも少しその兆候はあったんですが。

「審判のストライクを探し、それをとことん有効に利用する」

審判によってストライクゾーンは変わります。
その微妙なストライクゾーンって、ベンチからはわかりません。

一番わかるのはバッテリーです。

予選の時も、草津の長距離砲打者に対して、
アウトコースを出し入れして、最後はインコースに
「ズドーン!」
これが何球もある。

判定は「ボール」
試合にならん。

笑えるのが、バックネットの裏に居た審判団までもが
「あれはストライクやわ」
っていう始末。

何年後かに国体があるけど、それまでにはちゃんとしてよね。
恥ずかしすぎる。
アウトコースを意識した打者は、身体を被せてくる。
インコースは、身体ギリギリに投げ込んでも、普通にストライク。
本当に未熟すぎる。

ユウコリンの反応をみれば
「マジか!」って感じ。
「まあ色々いるから、それに対応しろよ」
としか言えない。

桜林カップはその真逆。
アウトコース大好きな主審。
バンバン決まる。
それに加えユウコリンがストライクゾーンをさらに広げていく。

そこにミリアンヌがズドーンと投げ込む。
本当に気持ちよかったと思う。

1試合目の安城さんヒット1本。(まあファーストゴロかな???)
2試合目の桔梗さんも、ヒットと言えるのは、数本。
なのに10失点。どれだけひどかったか想像できますか!!!

マジでひどかった!!!今季最悪。。。

3試合目はまたまた勉強でしたね。
ストライクゾーンが全く違う審判だったんでしょう。
苦しんでましたね。
その苦しみの結果、甘いところにボールがいき、打たれる。

まあ仕方ありません。

しかし自覚と自身が芽生えるというのは恐ろしいもので、
翌日の練習は、サインからキャッチャーの構えから、
2人で何やら確認しながらやってました。

あってるかどうか?今の時期、そんなんどうだって良い。
何かあって「次はどうしていくか」を考えて話し合うって言うのは
生きて行く中でも大事な事。

がんばれ!
スポンサーサイト
[ 2016/06/07 21:07 ]

| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<梅雨入り宣言 | ホーム | 改めて思った。面白いチームやと。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://1995sisters.blog.fc2.com/tb.php/913-c740cf7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |