近畿大会
近畿大会に、出場してきました。

和歌山さんが1チームだったので、お情け出場です(>_<)
何もなかったので有難い。

それがさ~、御存知の人はいるかと思いますが、
メグさんは骨折から復帰したんですが、手術したアカさんが
出れるとか出れないとかの話じゃなく、ベンチでふらふらしながら
応援してました。。。

「座っとけ」と言っても応援しまくるし、貧血で倒れそうになるし・・・。
昨日の練習では、外野の子達のところに椅子を置いて、
座りながら何やら教えてた。

泣けるとかじゃない。頭が下がる。

試合は奈良の桜井さんに勝って、兵庫の姫路さんに負けた。
まあまともに行けば試合にならないが、まともじゃないのがシスターズ。

+αの世界ですね。

どちらの試合も初回に3点とったが、どちらの試合も外野に転がればホームランだった。
つらいけど、仕方がない。
頑張ってる子達なので、あきらめるわけにはいかない。
そりゃ~大変やけどもよ~。

メグさんは復帰したとは言え、2ヶ月のブランクがあるので、6年生3人でどこまで点が取れるか・・・。

ってなるんだが、違ったんだな~。

メグは出来る事を、そして待ちに待った5年生のアリが変わって来たんだな~。
会話でわかる。話しかけた時の返しが今までとは違う。
「お???」と思った通り、それがプレーにもあらわれてきた。

出来ん事を出来るようにする努力はしてほしい。
でも試合では、たまに出来ない事も戦力になることがある。
それを活かしていくのは、ベンチの仕事。

あとは外野が普通のフライを普通に取れれば、近畿大会も
「たら・れば」ではなく、それなりの試合になる。

まあそれなりの試合になってはいたが、目指すはそれ以上。

桜井さんとは久しぶりやな~と思ってたら、違った。
GWに完敗してるらしい。
GWの試合を欠席してたので、オイラは知らなかったんですが、
それが逆に良かったか???

姫路さんは、いい体格の選手が多かった。
でもこの試合、バッテリーが成長したな~と感じた。
初回戻ってしたら、ユウコリンが
「アウトコースのストライクゾーンが狭い。ボール1個中に入れると打たれます。」
「○○は確認した?色々確認してみ?こんな攻め方もあるよね~」
と。
審判も人間。人によって全然違う。

以前に言った事を覚えてくれてた。
試合に負けてから何を言ってダメ。勝ちたいならその時どうするか考えろよ。
そしてダメなら聞けって。。。

しかしボール1個の出し入れを追及してくれるとは嬉しい。
ではまた次の事を色々教えて行こうと思う。

成長成長。また1ヶ月でみんな急成長してくれてる。
アカさんは全治3ヶ月らしい。

アカさんが帰って来るまでに、全員を成長させておこう。

しかし上位打線だけで、沢山点数とってくれる。
下位打線の「KKKKKKKKKK」をなくせば、もっと試合になる。

そして「EEEEEEEEEEEEEE」を半分以下にすれば、もっと楽な
試合が出来る。

最弱から最強へ。。。
スポンサーサイト
[ 2016/07/04 06:59 ]

| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<もう1つの楽しみ | ホーム | ファミリーの休日>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://1995sisters.blog.fc2.com/tb.php/918-7a208186
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |