あいさつは奥が深い。
毎朝感じる事がある。

朝起きて、雄太や浩志そして当然ながら愛子にも
「おはよう!」と声を掛ける。
この「おはよう!」を機嫌悪い状態で言えば、愛子も
子供達も気分悪いだろう。一日を台無しにする恐れもある。
朝一番というのは、本当に大事だと思う。

朝家を出ると、隣に住むカリンとレオンの姉弟に会う事がある。
2人とも
「おはようございます!」
とあいさつをしてくれる。
オイラも「おはよう!」と声を掛ける。

少し歩くと、たまにあう小学6年生くらいの少年。
「おはようございます!」
と見知らぬオイラにあいさつしてくれる。
オイラも当然
「おはよう!」
と声をかける。

小学校の前に行くと、子供達を出迎える先生がいる。
先生もオイラに
「おはようございます!」
と声を掛けてくれる。オイラも
「おはようございます!ご苦労様です!」
と返す。

会社近くになると、会社関係者が多くなる。
ちょっと気になる事が。
会社の若者が、ポケットに手を突っ込みながら前から歩いてきて
小声で「おはようございます!」とあいさつしてくる。
この風景は、毎回の事なんだが、非常に気分が悪い。
1回くらいなら「たまたまか?」と思うんだが、
続くとたまたまじゃないな~と思う。

イライラ!っとした瞬間、シスターズOGのハルコが
「おはようございま~す」
と前からやってきて、一気に気分がよくなった。

人間は完璧じゃない。オイラも完璧じゃない。
ポケットに手を入れながらのあいさつが普通じゃない事を
今まで教わってないのだろう、というか気付かないのだろう。

あいさつというのは、やり方次第で気分が良くなるし、気分が悪くもなる。

この辺も子供達に伝えて行き、オイラも周りに気分がよくなるあいさつを
心掛けたい。

会社の青年には、いずれ教えてあげよう。
スポンサーサイト
[ 2017/03/13 08:10 ]

| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<桜満開 | ホーム | 長小交流会無事終了>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://1995sisters.blog.fc2.com/tb.php/962-4eb93703
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |